オーダーメイドの種類による違い

パターンオーダー、イージーオーダー、フルオーダー以外にも、パターンメイド、パーソナルオーダー、サイズオーダー、セミビスポーク、メジャーメイド、メイドトゥメジャー、ス・ミズーラ、コンピューターオーダー、ニューオーダー、フルビスポーク、カスタムオーダーなど、 オーダーメイドの種類にはさまざまな言い方があります。これらの中には欧米では使われない和製英語も含まれていますが、特に業界で決まった定義があるわけではなく、各店が他店と差別化するためにいろいろな言い方をしているのだけですので、ここではそれらの違いについて詳しくご説明いたします。

オーダーの種類

まず大きく大別されるのが、パターンオーダーとイージーオーダーとフルオーダーの3種類です。その他のものはだいたいこのどれかに分けることができますので、この3つを理解していれば、他の全ても理解することができます。

一般的な分け方

パターン
オーダー
パターンメイド、パーソナルオーダー、サイズオーダー、(ス・ミズーラ、メジャーメイド、メイドトゥメジャー、メイドトゥオーダー)
イージー
オーダー
セミビスポーク、(ス・ミズーラ、メジャーメイド、メイドトゥメジャー、メイドトゥオーダー、コンピューターオーダー、ニューオーダー)
フル
オーダー
フルビスポーク、カスタムオーダー

パターンオーダー・イージーオーダー・フルオーダーの違い

パターン・イージー・フルの違いは、ひとことで言ってしまえば型紙の自由度の違いです。

パターンオーダーはCAMと呼ばれる自動裁断機を使い型紙作成を経ず生地を裁断するため、あらかじめ決められた型紙の長さを微調整する程度しか対応できず、型紙の自由度が最も低くデザインも決められたものしか作ることがきません。イージーオーダーはベースとなる型紙をもとにCADと呼ばれるコンピューターで型紙の各ポイントを動かすことができ、細かな体型補正をかけることができます。どこまでできるかは(どこまで動かせるかは)お店によって異なります。さらにお店によっては部分的に手書きによる型紙補正もでき、型紙の自由度が更に高くなりデザインも幅広く対応できるようになります。フルオーダーは、手書きによる型紙作成を基本としますので型紙の自由度が最も高くデザインの制約もほとんど無くなります。

仕立て(縫製)のレベルや価格はまた別物

基本的にはパターンオーダー=安価でレベルの低い仕立て、フルオーダー=高価でレベルの高い仕立てと考えるのが普通ですが、中には例外もあり、高価でレベルの高い仕立てのパターンオーダーや、安価でレベルの低い仕立てのフルオーダーというものも存在します。最悪なのは高価でレベルの低い仕立てのものですが、いずれにせよ、パターンオーダー、イージーオーダー、フルオーダーの違いと仕立てや価格は別物だと考えてください。

パターンオーダーのメリット・デメリット

パターンオーダーは型紙の自由度が低くデザインの選択肢も少ないというデメリットがある反面、サンプルを試着するためオーダーメイド初心者にとってはできあがりがイメージしやすく、既製品を買い慣れている人には分かりやすいというメリットがあります。また、型紙の自由度が低いということは、採寸者の技量に依存する余地があまりなく、誰でも簡単に採寸できるため、特に大勢の販売員の確保を必要とするチェーン店にとっては、導入しやすいオーダー方法と言えます。

実際多くのインターナショナル ブランドがパターンオーダーも販売していますが、ブランドのハウススタイル(例えばアルマーニならアルマーニスタイル、ラルフローレンならラルフローレンスタイル)が好きな人にとっては、既製品よりはサイズが自由に選べる(例えば上着はサイズ50でパンツは48など)という意味ではメリットがあるものの、あくまでも既製品を補完する位置付けのため本格的なフィッティングは望めません。

パターンオーダーの中には、限りなく既製品に近い(ほとんど補正のできない)ものから少しだけ型紙補正ができるものまでいくつかの種類があります。しかし補正ができるほど採寸者の技量に依存する余地が増えることと、補正するほどハウススタイルから離れていってしまうため、多くのブランドはあまり補正できない(させない)ようにしています。まったく補正できない(上下のサイズをバラバラに選べるだけ)ものをサイズオーダーと呼ぶ場合もあります。

フルオーダーのメリット・デメリット

フルオーダーのメリットは何と言っても型紙の自由度にあります。手書きで型紙を書き起こすため理論的にはどんなデザインでも作ることができます。また、人間の体は十人十色で千差万別。同じA5サイズの人でも猫背の人もいれば鳩胸の人も、なで肩もあればいかり肩もありますし、手足の長さや太さが左右違う人もいます。これらの体型的なクセを細かく採寸し作られた服は、当然フィット具合が他のオーダーとは断然に違ってきます。反面、出来上がりサンプルを試着するといった事ができず、オーダー初心者にとってはわかりにくといったデメリットもあります。

またフルオーダーは、自由度が高いということはフィッター(採寸者)およびカッター(裁断者)の技術に依存する部分が非常に高く、技量によって出来栄えが大きく左右されるという事が挙げられます。確かにフルオーダーは理論的には何でも作ることができるのですが、実際はフィッター(およびカッター)が知らない形は作ることができません。最新のトレンドスタイルを常に勉強しているテーラーであれば現代的なスタイルの服も作ることができますが、高齢化とともにその意力も失われていくため、昔ながらのテーラーが作る服は古臭いという見方をされる場合もあります。(ただしロンドンの有力テーラーのように誰もが認める普遍的なハウススタイルを確立していれトレンドとは無縁のため問題ありません)

さらにフルオーダーは、体型にフィットさせすぎるあまり、お腹が出ている人はお腹が出ているなりの服が出来上がってしまうという欠点があります。モデル体型の人であれば問題ありませんが、世の中のほとんどの人はそうではありません。現代のオーダーは、まず自分の好みのスタイル(例えばイタリアンやアメリカンなど)があり、自分の体型はさておきできるだけそのスタイルの服が欲しいというニーズがあります。フィッターにその知識があり、あえて体型に合わせない部分も残しつつできるだけ理想のスタイルに近づけられるかどうかというのも、フィッターの技量にかかっています。

フルオーダーの中には、全てをミシンで縫うマシンメイド、主要な部分を手で縫うハンドメイド、全ての箇所を手で縫い上げるフルハンドメイドがあります。それぞれにメリット・デメリットがありますがこちらについては後述します。

イージーオーダーのメリット・デメリット

イージーオーダーは、パターンオーダーとフルオーダーのいいとこ取りをしたハイブリッド方法です。ゲージ服と呼ばれるサイズサンプルを試着していただく事で、パターンオーダーのようにできあがりがイメージしやすく、さらにゲージ服を使ってピン留めをしながら細かな体型補正も行えるため、より体型にフィットしたスーツを作る事ができます。また、複数のデザインパターンを用意することによりパターンオーダーよりも幅広いスタイルに対応でき、さらにお店によっては部分的に手書きによる型紙補正や手裁断も行えるところがあり、コンピューターだけでは対応できないような体型補正や特殊デザインにも対応できるようになります。

イージーオーダーには、限りなくパターンオーダーに近い(制約が多い)ものから、限りなくフルオーダーに近い(制約が少ない)ものまで非常にたくさんの種類があります。それゆえお店独自にいろんな呼び名(メジャーメイド、ス・ミズーラ、コンピューターオーダー、ニューオーダーなど)を付けて呼んでいるわけですが、当店ではシンプルにわかりやすくイージーオーダーと呼んでいます。当店のイージーオーダーは、部分的な手書きによる型紙補正も手裁断も可能となっており、限りになくフルオーダーに近いイージーオーダーを採用しています。

イージーオーダーのデメリットは、フルオーダー同様にフィッターの技量に出来栄えが左右されやすいという点です。とはいえサイズサンプルを試着するためフルオーダーほどお客様のイメージとフィッターのイメージが乖離してしまう可能性は低くなりますが、それでも両者が頭に描く完成形が異なれば違ったものが出来上がってくる可能性があります。当店ではできるだけこういった事態を防ぐために、お客様との会話を重視いたしております。フィッターの頭の中には何十種類というスタイルやデザインがインプットされていますが、そのどれがお客様の求める物なのかを突き止めるために、ご年齢やご職業、用途や使用頻度など、いろんな角度からお客様の好みをお聞きするようにいたしております。フィッターの技量は採寸技術だけでなく、こうした話術も含まれると当店では考えています。


仕立てによる違い

一般的には、パターンオーダー→イージーオーダー→フルオーダーの順に良い仕立て方法を採用していると考えていただけば問題ありませんが、中には例外もあり、パターンオーダーなのにハンドメイド仕立てを採用しているイタリアの超高級ブランドもあれば、フルオーダーなのに安価なマシンメイドの既製品とさほど変わらないような仕立て方法を採用しているお店もあるため、「フルオーダーだから仕立てが良い」と決めつけることはできません。

また、仮縫いの有る無しがフルオーダーかどうかの境目であると説明しているお店も多いようですが、実際はパターンオーダーやイージーオーダーでも(簡易的な)仮縫いを行うことは可能なため、仮縫いの有る無しでどのオーダーかを判断することはできません。中には実際はイージーオーダーなのに簡易的な仮縫いを付けただけでフルオーダーと称しているお店も”多く”ありますので注意が必要です。イージーオーダーの仮縫いはほとんどパフォーマンスに近く、あまり意味が無いと考えておりますので、当店ではコストパフォーマンスを重視し、イージーオーダーでの仮縫いはおつけいたしておりません。

マシンメイドとハンドメイドの違い

マシンメイドとは機械縫製のことでつまりミシンを使って縫い上げることを言い、ハンドメイドとは主要な部分を手縫いで仕上げる方法を言います。全てを手で縫い上げるものはフルハンドメイドと言い、中でも一人で全てを縫い上げるものを丸縫いと呼び最もコストのかかる方法となります。

マシンメイドのメリットは、ハンドメイドに比べてコストが安くなることと、納期が短くなることです。使用する芯地やパッド、裏地やボタンといった副資材や、縫製仕様のランクにより、1着1万円台で販売できるようなものから、10万円以上するようなものまで幅広い種類があります。

マシンメイドとハンドメイドの大きな違いは、平面で縫われるか曲面で縫われるかという違いがあります。テーブルの上に生地を載せて縫われるミシン縫製の場合、表も裏も同じ寸法で縫われるのに対し、手で縫う場合は生地を曲げながら縫ったり、内周外周に寸法差を作りながら縫うことができるため仕上がりを丸くすることができます。人間の体は曲線でできており、直線の部分は一箇所もありませんので、丸く縫われた服ほど体によりフィットしやすくなります。

ただし、ハンドメイドで作られた服を初めて見た人(既製品を見慣れた人)は、ハンガーに掛けられた服を見て「なんかピシッとしていないな」と思うかもしれません。これはハンガーに掛けた場合、平面的に縫われたマシンメイドの方が綺麗に収まるのためです。丸く縫われたハンドメイドは人が着て綺麗になるように縫われているため、より平面なハンガーに掛けた場合丸まってしまうからです。

また、「真っ直ぐな運針やピッチの揃った綺麗な運針こそ良い仕立て」という価値観はあくまでもマシンメイドのものであり、ハンドメイドには当てはまりません。どんなに腕のいい職人であっても機械の正確性には勝てないからです。その代わりミシンでは到底できないような曲線(曲面)を織り交ぜた縫製技術や、細かで繊細なボタンホールなどは工藝品とも呼べる美しさがあります。


価格による違い

一般的には、パターンオーダー→イージーオーダー→フルオーダーの順に高くなっていくのが普通ですが、インターナショナルブランドのパターンオーダーの場合、フルオーダー顔負けの値段がするものや、オーダーメイド専門店でもお店によってはイージーオーダーに仮縫いを付けただけのものに高価格な値段設定をしている場合もありますので、高いもの=フルオーダーと決めつけることはできません。


リングウッドのオーダーメイド

リングウッドのオーダーメイドは、パターンオーダー、イージーオーダー、フルオーダーすべてのオーダーに対応しています。どのオーダーも、コストパフォーマンスを重視しており、価格以上の価値をご提供できるよう、それぞれのランクにおいて最良の方法をチョイスしております。当店ではそれぞれの仕立て仕様につきまして全てお客様に公表いたしておりますので、気になる方は当店のラベルによる縫製の違いスーツ縫製仕様比較表もご覧ください。(ただし公表している仕様は標準仕様のみとなります。イレギュラーな素材や生地、デザインの場合、例外的に仕様が異なってくる場合があります)