• 御幸毛織 オーダースーツ 名古屋 リングウッド

御幸毛織

御幸毛織 名古屋

日本の頂点

古くから日本の毛織物を支え続けてきた御幸毛織は、1905年に愛知県名古屋市に創業しました。創業以来守り続けてきた確かなモノづくりは、100年以上たった今でも受け継がれています。御幸毛織のモノづくりは一言で言って真面目で実直。例えば、生地には通常どうしても製造工程でできてしまう”エス“と呼ばれる傷がありますが、御幸毛織の商品は欧州の生地に比べこのエスが非常に少ないのが特徴です。「洋服を作る時にエスを避けて裁断すれば良い。」というのが欧州の考え方ですが、同社はそれをも許しません。こうした「眼に見えない部分にもこだわる」という考え方は、日本のモノづくりの原点でもあり、それを頑なに貫き通すミユキだからこそ、日本のトップブランドであり続けるのです。

御幸毛織 名古屋

糸1本までこだわる

生地ができあがるまでには、おおまかに羊の毛の刈り取りからはじまり、糸を作り、色を染め、布を織り、トリートメントを施して最終仕上げするという工程があります。通常これらの工程は分業制をとるのが普通で、英国の生地メーカーを意味するミルという言葉も“布を織る工場“を指すのが一般的となっています。しかし御幸毛織は「糸一本も他人には任せたくない」というこだわりの下、オーストラリアに独自の御幸牧場を持ち、羊毛の生産から紡績、染色、製織、最終整理に至るまで、一気通貫で自社でおこなっています。特に大規模な設備を必要とする染色や整理は、世界でも屈指の技術を誇り、国内の他メーカーはもちろん、英国のミルも真似のできない、最高のミユキクオリティーを世界に発信しています。

御幸毛織 名古屋 御幸毛織 名古屋 御幸毛織 名古屋 御幸毛織 名古屋 御幸毛織 名古屋 御幸毛織 名古屋

昭和32年当時のTVCM

昭和32年3月に放送開始されたTV番組「ミユキ野球教室」は、平成2年3月に終了するまで、33年間にわたりお馴染みとなったTVコマーシャルとともに人々に愛された。当時のCMを振り返ると、ポップなリズムの中にも真面目な社風が感じられます。

YouTube © MIYUKI ※音量にご注意ください

御幸毛織 バンチブック 名古屋 御幸毛織 コレクション 名古屋

※下記は御幸毛織のコレクションのほんの一部のご紹介です。実際はもっとたくさんの種類があります。

ナポレナ 御幸毛織 名古屋

ナポレナ

ナポレナは、ミユキの根底に流れる哲学「ウールはゆっくり、ゆっくりつくれ」に基づき生産されるミユキの最高峰ブランドです。厳選された確かで上質な原料は低速織機ションヘルで繊細な素材に負担をかけぬようゆっくりと織り上げられ、天然石けんと鈴鹿山系の豊かな水でしっとりと洗い、素材本来の風合いを引き出す伝統の仕上げ技術。触れるだけで違いが判る。これこそが御幸毛織の誇るトップクオリティです。

シャリック 御幸毛織 名古屋

シャリック

1980年の登場以来、盛夏用の生地として愛されてきたシャリック。その愛用者もいまや100万人を超え、「シャリック」は御幸毛織の1ブランド名という域を超えて夏の季語のように親しまれる普通名詞になりました。この驚異的なロングセラーを作り出したのは、独自の技術を駆使して開発してきた御幸毛織の面々。一般的にこれほど薄い生地は耐久性や堅牢性、摩耗性、可縫性、透けなど様々な問題がおこるため簡単には製品化することができません。しかしそこは日本人ならではのモノづくりへの情熱と叡智、創意工夫が世界にも稀に見る製品の開発成功へと導きました。

シャリックは蒸し暑い日本だからこそ生まれた理想的な盛夏用生地です。服地の本場である英国やイタリアにこのような生地はなく、まさに"必要は発明の母"を見事に実現したのがこの生地といえます。170g~という驚異的に軽い目付は、爽快な風を感じる軽い着心地と、レーシー(網目)効果による抜群の通気性が特徴。サマーシーンをクールに彩るこの生地は、一度着ると二度と手放せなくなる、高温多湿な日本の真夏にふさわしい一着となるでしょう。

シャリックスーパーストレッチ 御幸毛織 名古屋
シャリック スーパーストレッチ

シャリックの持つストレッチ性を飛躍的に高めアクティブな動きにも対応します。

シャリックスーパーライト 御幸毛織 名古屋
シャリック スーパーライト

シャリック史上最軽量の165/175gを実現した圧倒的な通気性を誇る世界最軽量生地。

© RINGWOOD

シャリック スーパーブレス

【通風性能デモンストレーション動画】 ※音量にご注意ください

桁違いの通風性を誇るシャリックの性能を動画でお確かめください。

シャリック 御幸毛織 名古屋
※シャリックお仕立てについて(ご注意事項)

シャリック生地は、度重なる改良によりその欠点である透けをかなりの度合い克服してきておりますが、それでも従来品の夏生地に比べれば下着等が透けやすくなっています。気になる方は、パンツの総裏オプション(有料)を選択することをおすすめいたします。逆に、生地の性能を最大限発揮させたい方は、ジャケットはセンツァインテルノ仕立て(芯なしパッドなしの生地一枚仕立)にすることをおすすめいたします。

MIYUKITEX Order Made Suits Price

御幸毛織 オーダー スーツ プライス

御幸毛織 オーダー スーツ プライス
仕立てラベルの違いについて
仕立てラベルの違いについて
2着目半額セールについて
2着目半額セールについて
御幸毛織 スーツ上下お仕立て上がり価格(税別)
ブルーラベル仕立て 47,000円~
ホワイトラベル仕立て 57,000円~ 2着目半額 38,500円~ 対象品)
ブラックラベル仕立て 67,000円~
レッドラベル仕立て 127,000円~

※記載されている情報は執筆・撮影当時のものです。タグのデザインや品質など現在販売中のものは内容が変更になっている場合や、一部廃盤になっている場合があります。当ページはブランドを紹介する目的で作られています。画像に写っているスーツやシャツ、ジャケットその他のアイテムは当社で制作したものではありません。製作例やデザイン見本ではありませんのであらかじめご了承ください。


御幸毛織 サンプルイメージ